« 半日休み | トップページ | SD17少年サイズの インド衣装 »

2017年10月28日 (土)

医療費の話とか手術のこと。

   ★ ★ この記事は ドール話とは一切関係ありません ★ ★

145_fotor

9月末に私が手術した時の話です。 個人的メモも含めて書いておきます。

2017年9月に子宮摘出手術をして、1週間入院しました。
その後1か月間、仕事を休んで自宅療養です。

 私は骨折もしたことがないくらい、体にメスを入れる経験は全くしたことがありません。

 ここではキレイごとは無視して 下世話な話をしていきましょう( ^ω^ ) 

 働き始めて半年しか過ぎていないのに、1か月以上も休みをくれる仕事場の皆さまには感謝しかありませんが、 休んでいる間の給料は ゼロ円。 時給で働いている非常勤だからね。 そこはまぁ 仕方ありません。

 初めての手術で入院となると医療費が問題です。 貯金がありますので、本気で足りないわけではありませんが、 かといって なんとなく大金は払いたくない・・・・。

 入院窓口で 「健康保険限度額適用認定証」 について教えてもらって、すぐに発行手続きをしました。

 手術のように高額な医療費の場合、「とりあえず高い医療費の3割負担分を病院に払って、後から申請して払い戻してもらう」 という「高額療養費制度」は知っていたのですが、 払い戻しの手続きをするのが面倒くさいなーと思っておりました。

  そうしたら、 最初から自己負担額しか窓口で支払わなくても良い という手続きがあるとのこと。

 それが 「健康保険限度額適用認定証」 でした。 

 退院するときに 87,430円(私の場合の自己負担限度額) の支払いをして終わりです。 後から 高額療養費の申請が不要となります。  

 これは2017年10月現在の話なので、自己負担限度額も変更されていくだろうし・・・・きっと、またいつか自分がなにかの病気になって高額医療費を払うときには、別の制度が出来ているんだろうなーと思います。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 あと私は人生初の 全身麻酔とか手術の話です。ψ(`∇´)ψ 

 私の手術の前に緊急オペが一つ入って 私の手術は遅れるといわれて 最初から予定変更が入りました。
 付き添いの家族も一旦帰宅して、 何時になるのかなーと思いながらツイッターを見ていたら、 たった15分後に「やっぱり手術できます」 って (笑) 急に看護婦さんが飛んできて  「手術室はこっちです。こっち!」 みたいな早歩きで 私も 「ここですか? ここに寝るんですね?!」みたいなノリで、あわててベッドによじ登ってゴロリと寝る という急ぎ足。

 ハイ、ハイ、ハイっ と 4人がかりでまとめて装具を取り付けられて 麻酔の吸入マスクを口にかぶせられたら 後は完全に意識不明です。

 「やっぱり手術できます」 と看護婦さんが病室に呼びに来てくれてから意識不明になるまでに10分かかったのかな~? と感じるくらいに短時間でした(笑)。 

 気が付いたら手術が終わっていて 6時間後に病室で目が覚めるという状態です。 

 目が覚めたら 看護師さんに 「寝返りとか適当に動いていいですよ」 と言われて 「あ、そうなんですか」 と自分で もぞもぞ動いて一晩眠りました。

 麻酔の影響だと思いますが、ビックリするくらいその日は快眠で(笑)、 すっごくよく眠れました!  翌朝、目が覚めたときの頭のスッキリ感ね。 あの爽快な感じは今でも忘れられません。

 手術直後の晩は背中から麻酔を入れているので痛みはなくて、吐き気もなく、 いろいろ点滴やら 尿カテーテルとかついているので動きづらいですが自力で寝がえりできました。

 翌日の午前中には 「起きてくださ~い。 ベッドから降りてくださ~い」 と 全部 自力でやらされます。 

 私の場合は13センチくらい腹を切って手術していて、予定より多めに切っているのですが そんなことは関係ありません。 翌日には歩きます。 スパルタだなーと思いながらも(笑)、 自分で点滴を引っ張りながら歩きます。 

 そして、のんびり寝ている間もなく大部屋に移って、快復していくのを待つだけです。

 背中に入れている麻酔はすぐになくなってしまって、 後は飲み薬と座薬で腹の痛みを我慢

 なによりも辛かったのは、同部屋の人たちの いびきでした・・・・・(;´Д`A ```

 とにかく、夜に眠れないのです・・・。 これは つらい。
 後から考えてみれば1週間の入院で夜に快眠できたのが、手術後の1日だけでした。

よく眠って体力を元に戻していきたいんだけど、腹は痛いし いびき音で眠れないし。

 毎晩 深夜3時とかに病院の廊下をウロウロ歩いて 不審な行動をしていました。
 しかたなく昼寝をして睡眠時間をとっていたので、 結果的にものすごく不規則な生活をしていただけという・・・。

 手術後、4~5日もすると退屈で、点滴もなしで歩けるためコンビニに行って買い食いすることが楽しみになってきました。 買い食いしているせいで、病院から出される食事は完食できていないんだけどね

 そんなこんなで1週間が過ぎて退院です。
 入院時に使っていた荷物は(タオルケットも含めて)全部ひとりで持って、自分ひとりで退院してきました。 それくらい普通に荷物を持って歩けるくらいに戻っていました。

 帰宅して1週間くらいは 部屋の中をウロついていました。 途中1回 家族の運転で、車で1時間くらい移動したら腹が痛くてヤバイ!となったので、それ以降は反省して 家の中をウロつくことに専念。  

 退院後2週間では 自分で車を運転してあちこち行ける感じになりました。 1、2時間の運転は平気に。

 3週間も経つと、 家にいても つまらんなー という状態になってきたので、仕事に復帰します、と職場に復帰日を伝えることができました。

 徐々に人間らしい生活に戻っていくことが出来たので良かったんだけど、年齢が上がれば上がるほど 復帰には時間がかかるんだろうなー と。

 私の場合、早めに手術の決断をして良かったなと思ってます。 

|

« 半日休み | トップページ | SD17少年サイズの インド衣装 »