« 夏ですな。 | トップページ | 検索キーワード »

2016年7月 7日 (木)

小物入れポーチ

小物入れのポーチを作ったので、作った手順をまとめます。

ハギレを生かして作るのが目的です。

型紙も作らず、 本当に雑に作ってます。 あくまでも、自分用のポーチです。

とても長いので、以下にたたみます。

Aaa001

だいたい ざっくりと布をカットします。 基準はファスナーの長さです。 メッシュ生地は大きめにカット。  花柄は表布です。 内側布は無地の生地を使用。

あと、ハギレを使うことに意義を持たせているため、 柄合わせとか、デザインは無視です。 

(私の場合は、バイアステープも買わずに、余ってる布で作ってます。 バイアステープは、布を斜めにカットしないで、布目とおりにまっすぐカット。)

Aaa002
メッシュ生地に適当にギャザーを寄せながら、ファスナーの表に縫い付けます。全部目分量(笑)。

Aaa003

Aaa004
土台となる表布と内側布は、ファスナーの長さを基準にしてカットしています。 そのファスナーよりも少し長めにメッシュ生地をカットして、ファスナーにギャザーを寄せながら縫い付けています。

右側のゴムポケットも、土台の布の半分より少し長めにカットして 端にバイアステープを縫い付けます。

ファスナーの表両側に、バイアステープを縫い付ける。

Aaa005
メッシュをつけてあるほうは、メッシュの縫い付け部分を隠すように、縫いとめる。

Aaa006

ポケットに通すゴムの長さを決めて、ポケット端に通す。

Aaa007

土台布の半分の長さで、ゴムにしるしをつけて、 ポケット端に通して、ゴムをカット。

ゴムポケットは2個作る。

Aaa008

ゴムポケットの口は内側に向ける。

Aaa009

花柄の表布の裏側に、接着剤つきのキルト芯をアイロンでつける。 

なにか右端の部分が 足りぬ・・・(゚ー゚;  でも気にしないで、後から付け足す。

あとから、四方はカットすることになるので、キルト芯は少し小さめにカットすればOK。

キルト芯をつけた表布に、留めゴムを縫い付ける。 手縫いでつけたあとに、ここを隠すようにモチーフをつけて 端っこを隠す。

Aaa010

内側布に、適当にギャザーを寄せながら、ポケットを2つ縫い付ける。

Aaa011

足りなかったキルト芯の端っこは、こんなふうに埋める。 雑ですwwww

Aaa012

内側布と、外側の布を 重ねて置く。

ファスナーポケットの片側を表布と合わせて、 ゴムポケットの端を隠すように縫い付ける。

Aaa013

四つ端 と、 ゴムポケットの間だけ 花柄の表布とまとめて縫いとめる。

Aaa014

メッシュポケットがついている内側から、四方をぐるりとバイアステープで縫いとめる。

Aaa015
四つ角は、目分量で適当にカーブつける。 

余った布はカットして、バイアステープでくるんで、今度は表側から縫いとめる。

Aaa016
ボタンをつけて 完成。

Aaa017
ギャザーを寄せたメッシュ布は立体的なものを入れられるようにするためです。

ウィッグや ドールシューズ、 櫛などをまとめて入れて 撮影会用の小物入れ として使おうと思って作りました。

以上、自分用のポーチ作り手順でした。 ものすごく雑に作っています。 

★ ドール服では 真面目に できるだけ丁寧に作っていますので、こんな手抜きで作ってはおりません。

|

« 夏ですな。 | トップページ | 検索キーワード »